Recent entries
2008/12/13 (Sat) 「奪取」 真保裕一
2008/05/08 (Thu) 千里眼シリーズ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以前に読んだ本で紹介した 「容疑者Xの献身」
映画になるんですよね。
まあ随分前のニュースでやってましたけど
もちろん主役は探偵ガリレオのドラマの福山さん。
刑事役が女性になっている時点で、設定は原作と違うのはわかるんですけど・・・
数学教師の役が、堤真一さんというのはねえ・・・
確かにいい男にしたほうが映画は売れるかもしれませんが、
イメージが・・・

「白夜行」のときの綾瀬はるかさんも・・・でしたが。
あのときも沢尻えりかさんだったらと何度も思いましたよ。
「容疑者Xの献身」は家族みんなが読んだ当時、
『映画にするなら誰がいいかな?』って話したんです。
カンニング竹山さんあたり、いい味だすんじゃないかとか、
鶴瓶さんは年齢がちょっとね~とか・・・

あの役はモテそうにない男性が演じることで
より切なさが増すと思うんですけど、どう思います?
東野圭吾原作の映画はきっと
原作と切り離して楽しむものなのでしょう

久々の更新でしたが
読んだ本がたまっています
・・・




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


天使のナイフ   薬丸 岳
第51回江戸川乱歩賞受賞作。

この話は、「さまよう刃 icon(東野圭吾)」のように家族を少年に殺められた男性が主人公です。最初同じような話なのかと思っていました。
娘を殺された父親(さまよう刃icon)と、妻を幼い娘の目の前で殺された夫(天使のナイフ)。さまよう刃iconでは、残酷なシーンや苦しいまでの悲しみや憎しみが描写されていて、読んでいて苦しくなったので、天使のナイフでも苦しくなるのでは・・・と覚悟して読み始めましたが。題名からもなんとなく想像がつくように、残虐さは薄かった(さまよう刃よりは)と思います。
前者が遺族側の視点から描かれているのに対して、こちらはより客観的視点という感じがしました。前半は遺族よりの視点、後半は客観的な視点という感じがしました。あくまで私の主観ですが。
この視点とは、描写(文章)の視点ではなくて読者の視点(筆者の視点かもしれないですね)のようなものだと考えてください。

読みながら、サスペンスものの2時間ドラマのような情景が浮かんできました。4歳の女の子の登場の仕方や、最初から怪しい感じの妻の昔の友達だという保育士。影のあるアルバイトの女の子も最初から怪しい感じがしたところも2時間ドラマ風でした。
少年法を考えるよりも推理したとおりに話が進む心地よさがあり、推理小説としても十分おもしろく読ませてもらったし、後味もさまよう刃iconほど悪くはないですね。ただ、読み終わった後、ずっしり胸に残る重みもなかったです。
さまよう刃iconのほうは、ドラマではなく痛ましいニュースを見た後のような気持ちになりました。ああ、ノンフィクション映画みたいな感じでしょうか・・・。天使のナイフのほうがより「小説」という感じでした。事件の背景も違うので、両者を単純には比べられないかもしれませんが、どうしても比べて読んでしまうんですよね。
これは客観的視点でどちらの心情も事情も描いてあり、少年法についても厳罰化というよりは裁判や更生教育についての見直しを考えさせるという内容。
でも、実際の被害者や遺族はそれでは納得できないでしょうね。

これだけ、毎日いろんな事件が起きて、毎回被害者や遺族側を守ることが議論されているのに。10年前から変わったことといえば、少年法の処罰対象年齢が少し下がっただけ・・・。加害少年の名前は伏せられ過剰に保護されるのに、被害者や遺族を保護する制度はまだほとんどです。
事件の詳細や動機などの捜査情報も公表されず、さらには裁判(審判)も非公開。なぜ事件が起きたのがもわからない・・・。これでは少年犯罪の防止を考えることもできません。
憲法改正を議論するのも大事でしょうが、こちらを早急に考えてほしいですよね。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


容疑者Xの献身

数学の天才である主人公が、本当の犯人である愛する女性を守るために
自分を容疑者「X」とした数式(完全犯罪)をつくる。
その数式は完璧だった。だれにも理解できないと思っていた。
けれど、昔の友人(湯川)が彼の数式を、彼を理解できた。
誤算だったかもしれないが、
彼を本当に理解してくれる友人がいた。

これまでもこれからも孤独だと思っていた彼が
最後に流した涙は
絶望の涙だけではなかったと思う・・・。

    *****

東野圭吾は本当に読者に感情移入させるのがうまいと思う。
自分とは全く違う人、それも普通に読んだらなかなか感情移入できないような人物に、思いっきり感情移入して追体験をして、涙を流してしまえる・・・。
特に目新しい題材や内容でもなく、展開も予想できるものなのに。
真っ直ぐな表現や心理描写は、筆者の人柄を想像させる。

家ではなく外で(電車の中や街中のカフェで)読んでいたので、「絶対にこの本では泣かないだろう!」と思っていたのに・・・我慢できずに涙が・・・はずかし(*>_<*)。
でも、東野圭吾に泣かされない!という戦い(勝手に戦ったんだけど)には負けたけど、それがちょっとうれしかったりする・・・。

昔、人魚姫の絵本を何度も読み返しては「今度こそ王子様に振り向いてもらえて幸せに・・・」と祈った。
次こそは変わるはずのない結末がハッピーになるのではと思いながら
何度も何度も読んだっけ。
この本をもう一度読んだなら「Xが愛した女性に、振り向いてもらえたなら・・・」と祈らずにいられないような。大人の童話のような物語かも。

☆ここから先はネタばれになるので、読みたい方だけどうぞ☆↓
(ここまでも十分ネタばれですみません・・・)


.... 続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌




「さまよう刃 」iconは東野圭吾の作品の中でもよりリアルな作品だと思います。が、冒頭にでてくる犯罪の描写は読んでいても気持ちが悪くなりました。実際はもっと残虐な犯罪がおきているでしょうから、これでもまだ残虐さは抑えてあると思うんですけど。
犯罪の描写をよりリアルにしないと、その後の被害者の身内の気持ちなどにもリアリティがなくなるでしょうし。
少年法の問題点を考えさせる小説としては、宗田理/著 の「13歳の黙示録 」icon「天路」iconと真逆の方向性でしょうか。
(宗田理の本についてはまた別の機会に詳しく書きます)
東野圭吾の非常に強いメッセージを感じます。
ノンフィクションのような作品ですよね。

「さまよう刃 」iconのストーリーについてはあまり深く書きたくなりませんので、リンク先の「本の内容」を参考にしてください。
少年に娘を殺された父の復讐の話です。

これを読んで被害者の父である長峰に感情移入して応援してしまう人がほとんどですよね。
そして、その後もずっとこの気持ちを持ち続け、
少年法について考えてもらうため
あえてこの終わり方にしたのだろうと思います。
読むほうとしては、思いを遂げてほしかったから・・・

東野圭吾の作品で加害者の家族の視点で書かれた「手紙」icon
こちらもまた考えさせられる話です。
また今度詳しく感想を書きます。

(ここからは後日書き加えた部分です)
↑の感想を書いてから1週間、また改めてもう一度本に目を通してみました。
そして、ちょっと感じ方が変わってきました。

この作品は、親であるかどうか、そして男性と女性では感じ方が全然違うのかもしれません。
まだ法律がない昔、殺人者が一番恐れるものは仇討ちに来る被害者の家族でした。それは、人間の作った法律よりも本当は一番の抑止力だったのかもしれません。
私は、この作品が一番訴えたいのは少年法を考えることでも仇討ちの是非でもないのではないかと思うようになりました。被害者と被害者家族の気持ちを理解してほしいということではないかと。
すべての人間が長峰の気持ちを理解できるなら、こんな悲惨な犯罪も復讐も起きる事はありえないのですから。


icon
icon




FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



「お喋り鳥の呪縛」北川歩実iconを読みました。最初に読んだのは何年も前でしたが、もう一度読んでみました。

フリーライター・倉橋渡の妹・良美が車に撥ねられ意識不明になってしまう。2ヵ月後に二人が合作でコンクールに応募したシナリオ「愛を運ぶオウム」のドラマ化の話が持ち上がる。まだ意識の戻らない妹のシナリオライターという夢のために、ドラマ化に協力する倉橋。ドラマ化を持ちかけたディレクターの女性は、鳥マニアの人気俳優のためにドラマ化したいと言っていたのだが、じつは別の思惑が絡んでいた。
シナリオの舞台となる鳥の言語能力を研究する鳥類研究所。そこに人間と高度な会話のできるパルというヨウムがいた。そして、パルの周りで次々と事件が起きていく。

この本は「猿の証言」iconの次に読みました。「猿の証言」iconでも出てきた動物の言語能力について書いてあると思い興味を惹かれて読み始めたのです。
結論からいうと、ちょっとがっかり(私的には)。
鳥が子供の言語教育に役立つかもしれないという、鳥の言語能力の研究所がでてくるのですが。私はその研究にとても興味があったのです。
いえいえ、推理ミステリー小説としてはなかなか面白いですよ。
登場人物を一人ずつ疑いながら読み、最後まで真犯人を隠して考えさせる北川歩実の推理小説ですから。
ただ、もう少し、人間と高度な会話ができるヨウムのパルが深くかかわってくるのかと思ったもので。。。
そういう意味ではちょっと期待がはずれてしまいました。
が、動物の研究に興味があった私の感想ですので、
おもしろい推理小説としてぜひ読んでみてください。

icon
icon

FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぽちの読書の部屋, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。