Recent entries
2008/12/13 (Sat) 「奪取」 真保裕一
2008/05/08 (Thu) 千里眼シリーズ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真保裕一を最初に読んだ本がこれ
繋がれた明日


刑に服し、出所してからの少年の日常が
淡々と描かれている
彼の苦悩がとても繊細に書かれていて
電車の中で読んでいたら涙がでそうで困った・・・

大げさでも仰々しくもなく
私は真保裕一の文章が大好きです

彼の小説にはいつも
純粋でとても知的で
そして弱くて人間的な主人公がでてくるように思います
まだまだ読み漁っていきますよ


繋がれた明日 (朝日文庫)繋がれた明日 (朝日文庫)
(2006/02/07)
真保 裕一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの作家 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぽちの読書の部屋, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。