Recent entries
2008/12/13 (Sat) 「奪取」 真保裕一
2008/05/08 (Thu) 千里眼シリーズ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「さまよう刃 」iconは東野圭吾の作品の中でもよりリアルな作品だと思います。が、冒頭にでてくる犯罪の描写は読んでいても気持ちが悪くなりました。実際はもっと残虐な犯罪がおきているでしょうから、これでもまだ残虐さは抑えてあると思うんですけど。
犯罪の描写をよりリアルにしないと、その後の被害者の身内の気持ちなどにもリアリティがなくなるでしょうし。
少年法の問題点を考えさせる小説としては、宗田理/著 の「13歳の黙示録 」icon「天路」iconと真逆の方向性でしょうか。
(宗田理の本についてはまた別の機会に詳しく書きます)
東野圭吾の非常に強いメッセージを感じます。
ノンフィクションのような作品ですよね。

「さまよう刃 」iconのストーリーについてはあまり深く書きたくなりませんので、リンク先の「本の内容」を参考にしてください。
少年に娘を殺された父の復讐の話です。

これを読んで被害者の父である長峰に感情移入して応援してしまう人がほとんどですよね。
そして、その後もずっとこの気持ちを持ち続け、
少年法について考えてもらうため
あえてこの終わり方にしたのだろうと思います。
読むほうとしては、思いを遂げてほしかったから・・・

東野圭吾の作品で加害者の家族の視点で書かれた「手紙」icon
こちらもまた考えさせられる話です。
また今度詳しく感想を書きます。

(ここからは後日書き加えた部分です)
↑の感想を書いてから1週間、また改めてもう一度本に目を通してみました。
そして、ちょっと感じ方が変わってきました。

この作品は、親であるかどうか、そして男性と女性では感じ方が全然違うのかもしれません。
まだ法律がない昔、殺人者が一番恐れるものは仇討ちに来る被害者の家族でした。それは、人間の作った法律よりも本当は一番の抑止力だったのかもしれません。
私は、この作品が一番訴えたいのは少年法を考えることでも仇討ちの是非でもないのではないかと思うようになりました。被害者と被害者家族の気持ちを理解してほしいということではないかと。
すべての人間が長峰の気持ちを理解できるなら、こんな悲惨な犯罪も復讐も起きる事はありえないのですから。


icon
icon




FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




初めまして! ブログランキングから遊びに来ました
 
素敵な良いブログですね^^ クリポチしてきます♪
【2006/03/03 20:57】 URL | take #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
少年法、少しずつ変わってきてはいますがまだまだ被害者側の視点が抜けているように思います。
もちろん少年犯罪が減っていくのが一番よいのですが、被害者が増えないようにという視点で考えるとどうなんでしょうね。まず、防止できるような法律、そして被害者側にたった法律。・・・難しい問題です。
【2006/02/24 15:15】 URL | ぽち #-[ 編集]
ぽちさんの感想を、読まさせてもらいましたけど、いろいろ考えさせられます。

TVでも少年法について、いろいろ言われるけど、真剣に考えなくてはいけません。

コメントありがとうございました。
【2006/02/22 13:30】 URL | 8 #-[ 編集]
これを読んでいるときは
ちょっと気持ちが暗くなってしまうので
ゆっくり時間のあるときに読まれたほうがいいと思いますよ。
私、娘が受験の最中に読んでいたのですがなんだか重い気持ちになったしまい、受験が終わってからまた読み直そうか、早いとこ読んでしまおうか迷いました。結局、一晩で一気に読むことにしましたけど。

「手紙」もいい作品でしたね。これを読まなかったら、きっと一度もこんな風にじっくりと加害者の家族のことを考えたりはしなかったと思いました。

ワンコ。お好きなんですか?
私も子供のころから犬の生まれ変わりかと思うほど好きだったんです(笑)
こんなに心を癒してくれるものって他にないですよね。
【2006/02/22 10:17】 URL | ぽち #-[ 編集]
重い題材ですよね。
臭いモノには蓋を、的感覚で、ずっと読む事を避けていましたが、
「やっぱり読まなくてはいけない」と
ぽちさんの感想を読んで思いました。

「手紙」も重いですが、素晴らしい作品ですよね。
読み終わったあと、ぼーっとして
現実世界になかなか戻れなかった記憶があります。

ワンコ、かわいいですね。
また遊びにきまーす。
【2006/02/22 03:20】 URL | ペッタンコ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


著者:東野圭吾 不良少年達に蹂躙され、死体となって発見された娘の復讐をするため、 たこの感想文【2006/02/26 19:43】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぽちの読書の部屋, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。