Recent entries
2008/12/13 (Sat) 「奪取」 真保裕一
2008/05/08 (Thu) 千里眼シリーズ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「さまよう刃 」iconは東野圭吾の作品の中でもよりリアルな作品だと思います。が、冒頭にでてくる犯罪の描写は読んでいても気持ちが悪くなりました。実際はもっと残虐な犯罪がおきているでしょうから、これでもまだ残虐さは抑えてあると思うんですけど。
犯罪の描写をよりリアルにしないと、その後の被害者の身内の気持ちなどにもリアリティがなくなるでしょうし。
少年法の問題点を考えさせる小説としては、宗田理/著 の「13歳の黙示録 」icon「天路」iconと真逆の方向性でしょうか。
(宗田理の本についてはまた別の機会に詳しく書きます)
東野圭吾の非常に強いメッセージを感じます。
ノンフィクションのような作品ですよね。

「さまよう刃 」iconのストーリーについてはあまり深く書きたくなりませんので、リンク先の「本の内容」を参考にしてください。
少年に娘を殺された父の復讐の話です。

これを読んで被害者の父である長峰に感情移入して応援してしまう人がほとんどですよね。
そして、その後もずっとこの気持ちを持ち続け、
少年法について考えてもらうため
あえてこの終わり方にしたのだろうと思います。
読むほうとしては、思いを遂げてほしかったから・・・

東野圭吾の作品で加害者の家族の視点で書かれた「手紙」icon
こちらもまた考えさせられる話です。
また今度詳しく感想を書きます。

(ここからは後日書き加えた部分です)
↑の感想を書いてから1週間、また改めてもう一度本に目を通してみました。
そして、ちょっと感じ方が変わってきました。

この作品は、親であるかどうか、そして男性と女性では感じ方が全然違うのかもしれません。
まだ法律がない昔、殺人者が一番恐れるものは仇討ちに来る被害者の家族でした。それは、人間の作った法律よりも本当は一番の抑止力だったのかもしれません。
私は、この作品が一番訴えたいのは少年法を考えることでも仇討ちの是非でもないのではないかと思うようになりました。被害者と被害者家族の気持ちを理解してほしいということではないかと。
すべての人間が長峰の気持ちを理解できるなら、こんな悲惨な犯罪も復讐も起きる事はありえないのですから。


icon
icon




FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



「お喋り鳥の呪縛」北川歩実iconを読みました。最初に読んだのは何年も前でしたが、もう一度読んでみました。

フリーライター・倉橋渡の妹・良美が車に撥ねられ意識不明になってしまう。2ヵ月後に二人が合作でコンクールに応募したシナリオ「愛を運ぶオウム」のドラマ化の話が持ち上がる。まだ意識の戻らない妹のシナリオライターという夢のために、ドラマ化に協力する倉橋。ドラマ化を持ちかけたディレクターの女性は、鳥マニアの人気俳優のためにドラマ化したいと言っていたのだが、じつは別の思惑が絡んでいた。
シナリオの舞台となる鳥の言語能力を研究する鳥類研究所。そこに人間と高度な会話のできるパルというヨウムがいた。そして、パルの周りで次々と事件が起きていく。

この本は「猿の証言」iconの次に読みました。「猿の証言」iconでも出てきた動物の言語能力について書いてあると思い興味を惹かれて読み始めたのです。
結論からいうと、ちょっとがっかり(私的には)。
鳥が子供の言語教育に役立つかもしれないという、鳥の言語能力の研究所がでてくるのですが。私はその研究にとても興味があったのです。
いえいえ、推理ミステリー小説としてはなかなか面白いですよ。
登場人物を一人ずつ疑いながら読み、最後まで真犯人を隠して考えさせる北川歩実の推理小説ですから。
ただ、もう少し、人間と高度な会話ができるヨウムのパルが深くかかわってくるのかと思ったもので。。。
そういう意味ではちょっと期待がはずれてしまいました。
が、動物の研究に興味があった私の感想ですので、
おもしろい推理小説としてぜひ読んでみてください。

icon
icon

FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



「猿の証言」icon(北川歩実)は5年ほど前に読んだ本ですが、ブログを書くためにもう一度読み直してみました。

チンパンジーの言語能力を研究する科学者・井手元の元で飼育されている天才チンパンジー、カエデ。人間の言葉を理解しているというカエデと失踪してしまう井手元。井手元の行方を捜す妹の深雪は、井手元が暮らしていたらしい家で、ソラという子供のチンパンジーを見つける。ソラは井手元の身に起きた事件を目撃していると考えた深雪は、ソラが見た事件を証言させようとする。行方不明になっている深雪の夫・久里浜と井手元を捜すうちにいろいろなことが明らかになっていくが、最後まで真相は全くわからない。
チンパンジーが人の遺伝子ととても近いということは最近でも話題になったので、ある意味タイムリーな話ではないかと思う。
言語能力や脳の話、「人間とは何か?」という考え方も、いろいろな登場人物がそれぞれの考えを語っているので興味深い。詳しい知識がなくても、この本を読めばだいだいの意味は理解できるように説明してある。北川歩実の本には、子供の能力についての研究、動物と人間の脳についての研究などを題材にした話がある。小説なのでもちろん架空の話なのだろうが、現実に起こりうる気がしてとても考えさせられる。

ここからはネタばれになるので、「猿の証言」iconを読んだあとに見てください。
純粋に研究のためにチンパースンというチンパンジー人間を誕生させようとしたのかと思って読んでいたら、実は井手元も赤井も愛する人に愛してもらえなくて屈折した想いを抱えていて、それが動機になって事件につながっていたらしい。それぞれの野望や思惑が複雑にからみあって、たくさんの事件が連鎖して起こったということなのだろうか?純粋に研究を極めたいという研究者の想いは共通していると思う。
タイトルの「猿の証言」iconとは、ソラの証言のことだと思っていたら、
リクの証言のことだったんだと最後にわかる。そして、井手元を殺したのはリク?じゃあ尾沢は、リクを庇って自分が殺したと言ったってこと?リクは図形文字を知っていたし、尾沢に自分が殺した証言した。カエデもそれを目撃していて証言したんだろう(これがタイトルか?)。やはりカエデにはかなりの言語能力があるし、リクとカエデは図形文字で会話していた。井手元が虐待していたのは事実かもしれないけれど、尾沢の証言がどこまで本当なのかがわからない。だって、井手元の研究はある意味で成功していることになる?チンパンジーのカエデと、人間のリクの言語能力の研究において。
この先、どういう展開になったかは読者の想像におまかせということなのだろうけど・・・。もっと先が読みたい!!!

icon
icon
FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



文庫書き下ろしの「ただ雪のように」新津きよみiconを読みました。
「白雪姫」の話とからめて、女の自分でも自覚しない嫉妬心をやはり丁寧に描写してあります。

主人公・高森真琴は37才独身。恋愛、不倫を経験し、単身ニューヨークへ渡り仕事をしている。ある日、兄夫婦が12歳の姪を残して交通事故で死んだという知らせを受ける。とてもかわいい赤ちゃんだった姪と12年ぶりの再会のため、帰国することに。もう若くない両親だけでは孫の世話は大変ということで、真琴が母親代わりとして一緒に暮らすことになる。
町でスカウトされるほどの美少女だけど、頭のよかった兄の子供のはずなのに勉強ができない小雪に苛立つ真琴。真琴は自分の子供のころと重ねて、自分にできなかったことをやろうとする姪の小雪に嫉妬を感じているが、自分でははっきりと自覚していない。小雪の気持ちをある意味一番わかっているのだが、わかりすぎて許せない部分もあるのだろう。女同士には(男同士にもあるのかもしれないが)よくある。友達、姉妹、親子でもそういう感情は大なり小なりみんな経験していると思う。その感情を、主人公の視点から描写しているだけなのにとてもリアルに丁寧に書いているところは、さすが新津きよみだと思った。
嫉妬があるからといって姪への愛情がかわるわけではなく、本当に心配し愛しているのである。姪への嫉妬というよりは、若い日の自分への愛着や後悔でもあることが、読んでいくうちにわかる。
両親は事故で失うけれど、まわりの人達に愛されて守られていく小雪が成長していく様子も、小雪の気持ちは一つも書かれていないけれど丁寧な描写から読み取れる。
頑固なおじいちゃんも、みんなが深い愛情をもっていた。

やっぱり新津きよみの本は読後に爽やかな余韻が残るのがいいですね。

icon
icon
FC2 Blog Ranking←クリックしてね
ブログランキング ブログ村←こちらもどうぞよろしく

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 ぽちの読書の部屋, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。